入れ歯治療

当院はミラクルデンチャーの認定歯科医院です。

重要なお知らせ「保険で入れ歯を1度作ると半年間は新しい入れ歯は作れません」

これまでも原則は半年に1個の入れ歯が製作可能でしたが、
入れ歯を紛失した場合とか家族や本人が前に作ったのは
半年以上前と自己申告されたら作ることがありましたが、現在は作ることは出来なくなりました。

どんな場合でも、歯科医院を変えても半年以上経たなければ作れません。

現在はいつ作られた入れ歯か簡単に調べることが可能になっています。
保険で入れ歯を作られた方は、紛失や破損などしないように大切にお使いください。
ただし自費診療の入れ歯の場合にはこうした規制はありません。

ミラクルデンチャー

画像
画像
ミラクルデンチャー装着後

当院はミラクルデンチャーの認定歯科医院です。

現在部分入れ歯を使用中の方で以下のことでお困りではありませんか?
  • 入れ歯で食べると痛いし、喋りにくい。
  • 上の入れ歯は大きく開けてあり違和感が小さい
  • 食べる時に違和感を感じてしまう。
  • 入れ歯の下に物が入る。

ミラクルデンチャーの特徴

  • ミラクルデンチャーは保険外の部分入れ歯です。
  • 長所は動かないので安定して噛めます。勿論痛みはありません。
  • 歯周病で動揺していても作れます。
  • 短所としては入れ歯を入れる時、慣れるまで時間がかかる患者さんもいます。

ウェルデンツデンチャー

画像
画像
ウェルデンツデンチャー装着後

部分入れ歯の金属が見えることから、どうしても入れ歯を使うのが、
いやと思われる方にお勧めの入れ歯です。

ウェルデンツの入れ歯に使われている材料はポリプロピレンです。
歯科界で初めて使われる材料です。一度NHKで取り上げされ、放送されたことが、あります。

従来の保険で作る部分入れ歯は残った歯に金属の爪(クラスプ)かけて
入れ歯を維持する設計となっています。
しかし決して審美性に優れている入れ歯とは言えません。特に女性には不評です。

その点でウェルデンツの部分入れ歯は全く金属を使用せず、見た目も自分の歯のような感じとなります。

しかも最近は材料の進歩から弾力性に富んだポリプロピレンを内面に利用し、
シリコンデンチャーのような弾力があり痛みが出にくくすることもできます。
ほかの材料と異なり吸水性がないので、非常に清潔です。

ウェルデンツデンチャーの特徴

  • ウェルデンツも保険外の部分入れ歯です。
  • 長所は金属を全く使わないので審美性に優れています。
  • 水分を吸収しないので清潔です。
  • 短所は長く使っていると表面がざらつくことがあり、研磨が必要になります。
画像

小泉歯科医院の入れ歯サイトに詳しく、説明しております
是非、ご覧下さい。

 

お電話でのお問い合わせ tel.011-684-3355
診療時間 日/祝
9:00〜13:00

/


/

14:30〜19:00

/

/

/

休診日
水曜日、土曜午後、日曜日、祝祭日
※第2土曜日午前診療はお休みいたします。

診療メニュー

診療メニューtreatment menu
むし歯治療cavity protection
小児歯科for children
噛み合わせ治療bite alignment
© 2015 札幌市手稲区星置の歯医者 小泉歯科医院. All Right Reserved.